バストの悩みを解決してスタイルアップ!年齢に負けない体つくり一挙公開♪

豊かなバストになる豊胸手術のメリットとデメリット

豊かなバストになる豊胸手術のメリットとデメリット

ふっくらとして形の良い美しいバストは多くの女性のあこがれの的です。
バストの大きさや形というのは人によってそれぞれです。

 

でも自分のバストの形やサイズに大きな悩みを抱えている女性は少なくありません。
豊かなバストを手に入れるための方法の一つに豊胸手術があります。
豊胸手術に使われる豊胸バッグは人工乳腺とも呼ばれ、
このバッグを胸部に挿入することで小さなバストを大きく形良く整えることができます。

 

これが豊胸術と呼ばれるもので、この方法は乳腺を傷つけることのない安全性の高い方法で、
術後に妊娠したり赤ちゃんへの授乳などにも影響のない安心な方法であることがメリットです。

 

バッグを挿入するにはわきの下のしわに沿って最小限に切開してバッグを挿入し、
手術の傷は時間がたてば自然に目立たなくなります。
貧乳に悩む人でも安全に、しかも大きさや形を自分の希望通りにできるのがこの方法のメリットです。

 

手術の方法は大胸筋の下にバッグを挿入する場合皮膚の薄い人でも
輪郭が出にくく形や間食が自然に仕上がるのがメリットです。
大胸筋の上の乳腺下に挿入する方法は柔らかさがダイレクトに伝わるのがメリットです。

 

豊かなバストになれる魅力的な方法ですが、やはりデメリットもあります。
その一つが挿入したバッグの破損です。
自己や何らかの原因によって埋め込んだバッグが破損した場合、新しいものに入れ替える必要があります。

 

保証制度がしっかりとした信頼できるクリニックを選ばないと、後々トラブルの可能性があるのがデメリットです。
また靭帯には害のない安全なものですが、
もう一つのデメリットとして稀にカプセルと呼ばれる被膜ができてしまうことがありますが、
これはマッサージをすることである程度や予防が可能です。

 

最近の豊胸手術で使用されるバッグにはスムースタイプとテクスチャータイプがありますが、
テクスチャータイプの方が安全性が高いと言われており、手術後の被膜硬縮が起きにくいのが特徴です。
"

関連ページ

豊胸術でバストアップして豊かな谷間を作りたい
バストの悩み、胸のコンプレックス解消、ダイエットをしながら理想的な胸の作り方、年齢に負けない上向きバストアップなど女性ならではのバストの悩みを一挙解決する方法をご紹介いたします。
バストアップの豊胸でハリを持たせたい
バストの悩み、胸のコンプレックス解消、ダイエットをしながら理想的な胸の作り方、年齢に負けない上向きバストアップなど女性ならではのバストの悩みを一挙解決する方法をご紹介いたします。